第4回「卒業」―そして同窓生となる

第4回「卒業」―そして同窓生となるケネディスクールでの卒業式を終えハーバードヤードに戻ってくると、同窓生による会合が始まっていました。卒業式の後ゆっくりランチをとっていたため、何人かの同窓生がすでにスピーチを終えているようです。いま卒業式を終えたばかりなのに、早くも「同窓生」として扱われるのも、やや不思議な気分です。しかしハーバードでは、ここぞとばかりに「同窓生」に対する営業活動をかけるようです。

まもなくして、ハーバード大学の学長が壇上に上がりました。
スピーチの内容は、、、

日本ではあまり聞かない類のスピーチかもしれません。学長が同窓生に対して、自らの業績を誇示しているように聞こえます。いや、誇示というのは正確な表現ではないかもしれません。しかし、アピールしていたのは事実です。

例えば以下のような業績を羅列していました。

  • international students (留学生)の割合が20%に
  • 6万ドル以下の世帯収入の家庭は奨学金の充実
  • 語学教育の強化―中国語を学んだ学生のエピソードを紹介
  • 中国でマイケルサンデルの授業を開講、全面的にバックアップ
  • 中国はハーバードを模範とし高等教育への投資を増やしている。ハーバードを含めたアメリカの大学も今こそ高等教育に投資を続けるべき

このように、卒業式の後行われる同窓生の集いは、学長が同窓生に対してハーバードの教育内容を、自らの業績をセールスする場でもあるようです。同窓生からの支持、ひいては寄付金の獲得につなげたいという意図があるのかもしれません。

最近あるビジネス誌でも特集されていましたが、ハーバードの教育は寄付があって成り立っています。ハーバードに限ったことではありません。アメリカの大学は多かれ少なかれそういう側面があるようです。簡単に言えば、大学教育は営利事業としては成り立たないのです。だからこそ、同窓生による支えが必要になりますし、みんなで未来を担う人材に投資するということにもなるのでしょう。

それにしても、ハーバードのグローバル化の例として中国だけが引用されているのは、やはり少しさみしい気がしたのでした。ひと昔前だったら、日本のことも引用されたのではないでしょうか。でも、これが今の世界の現実。日本のプレゼンスは下がる一方で、この傾向を跳ね返すのは容易ではないでしょう。だからこそ、グローバルに活躍できる日本人を一人でも多く輩出していく必要があるのではないでしょうか。

学長による同窓生への営業活動(?)が終了した後は、同窓生を代表してリベリアの大統領、エレン・ジョンソン・サーリーフ氏が登壇しました。

彼女はアフリカで初めて、選挙で選ばれた女性国家元首であり、2011年のノーベル平和賞を受賞した人物です。そしてハーバード・ケネディスクールの卒業生でもあります。1969年から1971年のケネディスクール在学時はメーソン・フェローとして奨学金をもらいながら研究をされていたようです。メーソン・フェローは現在も残っている制度で、私が所属していたミッドキャリア・MPAプログラムに所属して共に勉学に励みます。このプログラムには今年も途上国の大臣経験者がいました。

このような形でハーバードは途上国との関係を保つための努力しているのかもしれません。もちろんそれは一方的な関係ではなくて、双方にとって有意義な関係でしょう。そしてアメリカのためになることでもあります。

20分ほどのスピーチの後、すべての行事は幕を閉じました。
これで本当に、ハーバード・ケネディスクール卒業。
気温も30℃近くまで上がったでしょうか。

ガウンに身をまとってとても暑かったので、フローズンマルガリータで乾杯することにしました。これからの未来に向かって。

 

ブログ執筆者執筆者:藤村慎也

18歳まで愛媛は松山で育ち、大学進学のため上京。初めての大都会で右往左往しました。そんな田舎者が、30代にしてあのハーバード大学への出願を決意。苦節の末に合格を果たします。このブログでは、出願準備から修士号取得までを振り返りつつ、米系経営コンサルティング会社で働いた経験も踏まえながら、日米の人材育成観や方法論の違いを考えます。グローバル人材育成へ取り組む方、グローバル人材として活躍したいと思っている方のお役に立てるメッセージを届けられればと思います。

好きなアーティストは長渕剛。好きな歌は「西新宿の親父の唄」。居酒屋の親父が売れない歌手志望の若者に鯛の刺身をご馳走して言う「出世払いでいいからとっとと食え」というフレーズが好きです。

ハーバード留学記を綴ったブログ
Ask what we can do: 夢を楽しみながら紡ごう!」も合わせてご覧ください。

 

シリーズ :
「ハーバードは何が違うのか!?
~30代からのグローバル人材育成留学体験記~」

 


カテゴリー: ハーバードは何が違うのか!? ~30代からのグローバル人材育成留学体験記~ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です