美味しいおにぎりが食べたい

こんにちは。Alexです。

こんにちは。Alexです。
シンガポールに暮らしてかれこれ8年。日系飲食店の海外進出ブーム、かつアジアのアンテナショップとしてシンガポールを選ぶ企業が多いおかげで、日本の食事処がどんどん開店し、結果として日本食のレベルが全体的に上がり、現地在住日本人としては「ありがたや~、ありがたや~」感謝する日々。 日本のお米もシンガポールで精米して宅配してくださる会社もできたおかげで、家で食べるお米の味も、びっくりするほどおいしくなりました。

続きを読む


カテゴリー: No Rice No Life (ノーライス・ノーライフ) | コメントする

理屈じゃなくて

こんにちは。Alexです。

大学時代の友達で、びっくりすることを言う人がいました。
「私、バカは嫌い」

・・・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

「私のことを言われているのか?」と冷や汗が流れた18歳の頃。すでに20年選手の親友なので、おバカな私でも、ツボが合っていたようで、大丈夫だったらしい。

そんなことを思い出すのは、最近Alexは「打つ手なし」のスタッフがいるから。やることなすこと、投げられた課題へのリアクションや返事が的外れなところが絶望的。
例えば月次の業績を発表しているのに、なぜか売上は1月分、利益は1月1日から2月5日までのデータを計算し、販促物については、クリスマス期間~2月までのデータも含め、最後にはどの期間のデータをとったのか、本人もわかっていない始末。「このデータで、何を伝えようとしているのかな?」というと、マァマァ・・・となだめようとする。そのエクスキューズが回りくどくて、頑張って最後まで聞いてから「言いたいことは全部言い終わったかな?」と確認した上で、話し始めなければならない。

続きを読む


カテゴリー: No Rice No Life (ノーライス・ノーライフ) | コメントする

お金がない

こんにちは。Alexです。

突然ですが、今世紀最大に(最少に・・・というべき?)家計が苦しくなり、お金がありません。

それでは皆様、また来月お会いいたしましょう。

・・・・なんちゃって。
私のレギュラーな読者様以外には、全く面白くない冗談で、すみません。

実は最近、今までの私の微々たる貯金は、人の支援で、ビューっと消えてしまいました。だまされたわけじゃないんです。本当は「返ってこないだろうな」、と、心のどこかで思っていたから別にいいんだけど、今月、来月は家計を回すために、大変なことになっております。

 

続きを読む


カテゴリー: No Rice No Life (ノーライス・ノーライフ) | コメントする

第30回 「アフリカの大きさ」

今回はルワンダに戻ってきて書いております。

アフリカ西部でエボラ出血熱病が猛威を振るっていますので、日本も含め世界的にアフリカのイメージが悪化しているとの懸念が広がっています。 日本では遠い昔に絶滅されていたデング熱が流行ったこともあり、熱帯性の病気がクローズアップされています。そのこともあり、今現在日本(また世界の先進国)で見るアフリカ関連のニュースはエボラ出血熱関連がほとんどなのではないでしょうか。

続きを読む


カテゴリー: 千の丘から | コメントする

旅行者の特徴

こんにちは。Alexです。

alex_30_001シンガポールのでの暮らしも長くなり、土着してきた感があるAlexは、遠くから見ても「あれは日本人だな」とか、「あれは旅行者だな」と見分けがつくようになってきました。この数年、観光地やビジネス街、ショッピングモールでの飲食店で働いて、いろいろな人を見たせいかもしれません。

たとえば、写真の女性の着こなし⇒
膝丈の黒いスパッツをスカート、または長めのトップスに合わせるのは、日本の方だけのように見えます。こういう服装をしていると、遠くからでもすぐ「日本人だな」ってわかります。

 

続きを読む


カテゴリー: No Rice No Life (ノーライス・ノーライフ) | コメントする

シンガポールの食生活

こんにちは。Alexです。

食を楽しみ、「食」をライフワークとするAlex。好物は、白い飯。そんなAlexの、最近ぽっかりと心に穴があいた気分です。

それは、「食の好みが似ている」貴重な友達が、帰国してしまったから。結婚を意識する年齢になり、「だって、出会いがないし」と思うのと同様、食の好みが似ている友人って、なかなか出会えないものです。彼女はリサーチも充分だったので、私がいつも教わっていました。一緒にお食事をしていても、「おおむね感性が似ているけど、目の付け所がちょっと違うから勉強になる」っていう具合もちょうどよかったのです。

たとえば、Alexが出産で入院していた数日。数十人がベビーグッズを抱えてお祝い&お見舞いに来てくださいましたが、彼女は、とある店の麻婆茄子弁当を抱えてやってきました。無味乾燥な病院食に飽きてきたような・・・・という、私の絶妙なタイミングにストライク。さらにアイブロー(まゆ墨)つき。「出産しても、眉毛を描くのを(オンナを)忘れちゃダメ」的な、苦笑いメッセージは、Alexの事前期待を超えるエクセレントサービス。

続きを読む


カテゴリー: No Rice No Life (ノーライス・ノーライフ) | コメントする

第29回 「日本アフリカ ビジネスフォーラム と ルワンダビジネス投資フォーラム」のご報告

ドラゴンのウエブサイトでも紹介していただきましたが、6月10日から11日にかけて、去年に行われた第5回アフリカ開発会議(TICAD-V)フォローアップの一環として、日本―アフリカ ビジネス・フォーラムが東京において開かれました。 この会議はアフリカ開発銀行在京アフリカ外交団(ADC)が主催となり、JETROとJICAの共催の基開かれました。 日経ビジネスが実際のフォーラムのオーガナイズをしていたせいか、日本人の参加者も非常に多く訪れ、二日間とも満員御礼になっていました。

続きを読む


カテゴリー: 千の丘から | コメントする

シンガポールの子育てにまつわる雑記

こんにちは。Alexです。

子供が歩くようになり、かわいらしさも増して、忙しさの中でも癒される生活を送っております。同時に、日常生活での体力の消耗は激しく、毎日子供を寝かしつけながら、自分がバッタリ。自宅でパソコンを開く余裕もありません。
子供を寝かしつけながら、iPadでFacebookを眺め、そのまま自分も寝てしまう・・・そんなこんなで毎日が飛ぶように過ぎていき、あっという間に1か月。
それにしても、最近はよく眠れます。快眠28号。その昔、働きざかりの30代中盤には、時々睡眠導入剤を飲んでいたのですが、今は無縁。バタッと寝られます・・・・倒れこむように。

続きを読む


カテゴリー: No Rice No Life (ノーライス・ノーライフ) | 2件のコメント

第28回 発展途上国市場ビジネス参入の手助け

毎四半期ごとのルワンダへの1ヶ月の派遣は、短期滞在のためにしなくてはならない事柄・事案が多く、非常にバタバタしてすごすことになってしまいます。特に今回2回目の派遣は、途中に一週間弱のガーナ出張もあり(ガーナの活気には驚かされました)、第一回派遣にも増して時間に追われる事になりました。今後もこのペースで支援が行われるので、何とかうまいペース配分をつかまなければならないと感じている所です。

西アフリカで非常に有望視されているガーナの首都アクラの建築ラッシュ。 ガーナは初めてだったのですが、非常に活気があるだけでなく、民間セクターの活動も盛んでした。また他の西アフリカ諸国の様に「押し」が強いこともなく、短い期間でしたが、非常にビジネス環境が良いように感じました。

西アフリカで非常に有望視されているガーナの首都アクラの建築ラッシュ。
ガーナは初めてだったのですが、非常に活気があるだけでなく、民間セクターの活動も盛んでした。また他の西アフリカ諸国の様に「押し」が強いこともなく、短い期間でしたが、非常にビジネス環境が良いように感じました。

前回、日本企業の発展途上国への市場参入に向けて色々な補助スキームがあるとお話しました。今回はそのうちのいくつかについてお話をしてみたいと思います。

続きを読む


カテゴリー: 千の丘から | コメントする

『自分はこう思っている』って、言っておいて

こんにちは。Alexです。

シンガポールに来てからの日々を振り返ると、私はグローバル人材としてのキャリアを積むこともなければ出世することもなく、いわゆる鳴かず飛ばずに踏んだり蹴ったり…で7年が終わろうとしています。

「桃栗三年柿八年」と申しますが、Alexは実がなるまで8年かかる柿タイプなのかもしれません。
・・・・・・ってことは、今度こそ実がなる年か!
・・・と意味なく前向きになれるアホさは、「柚子の大バカ18年」の素質も兼ね備えているのかもしれません。

続きを読む


カテゴリー: No Rice No Life (ノーライス・ノーライフ) | コメントする